読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネリリ キルル ハララ

学部1年生のちまちま

#02 『二十億光年の孤独』 谷川俊太郎

二十億光年の孤独 人類は小さな球の上で 眠り起きそして働き ときどき火星に仲間を欲しがったりする 火星人は小さな球の上で 何をしているか 僕は知らない (或はネリリし キルルし ハララしているか) しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする それはまっ…