読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネリリ キルル ハララ

学部2年生のちまちま

#03 映画『帰ってきたヒトラー』

 最近上映していたこの映画、映画館で結局見れず終いだったのだが、TSUTAYAで借りてようやく観ることができた。

 

f:id:aburami7472:20170223001650j:image

 

 1945年、劣勢にたたされたナチス総統のアドルフ・ヒトラーは自殺を試みたが、なぜかそのまま2014年にタイムスリップしてしまう、という出だしで始まるストーリー。

ブラックジョークをはさみつつも現代社会を痛烈に風刺する映画(というよりはドキュメンタリー色の強い作品)である。

 

難民問題など様々な社会問題を抱えているドイツであるが、日本に住む私たちでは(メルケル首相がどんな政策を行ったか等は新聞やメディアを通して知ることは容易だが)どうしてもその具体的な事情というものを把握するのは難しい。この映画ではヒトラーをモノマネ芸人と勘違いする一般市民たちが、彼の突撃インタビューにおいて難民問題への自分たちの本音を吐露する場面が多く観られる。海に囲まれ、移民や難民との関わりがあまりない生活が当たり前である私たちはそういった問題に対する理解をすることが難しいが、この映画を通して彼らの持つリアルな不満や不安を感じることができた。

 

映画の終盤で、ヒトラーはザヴァツキに向かって「私を選んだのは民衆である」と語っている。ヒトラーの残虐な政策を決して私たちは許してはならず、またそのような歴史を繰り返すことを決してしてはならないが、彼を選んだのはまさしくその当時のドイツ国民たちであるということも私たちは忘れてはならない。

NHK特集の「映像の20世紀」が私は大好きで暇があるとよく観てしまうのだが、その中にちょうどヒトラー政権が誕生しそれを喜ぶドイツ国民たちの映像がある。その映像を見るたびに、「それ」は今の私たちにも全くもって起こりうることだと感じる。当時のドイツは第一次世界大戦で敗れ、巨額の賠償金を負わされ国際的にも経済的にも非常に厳しい状態に置かれていた。それを受けてドイツ国内では民衆による不平不満が大変強まっていた。古来より人々は自分たちが危機的状態に置かれるとその内部で団結をすることが度々歴史上見られるが、それが起きたのがまさしく当時のドイツ国内の様子である。当時の社会情勢を打開することを切望した民衆はそれをヒトラーに託したのだ。その後のヒトラーが行う残虐な政策が彼ら民衆たちの意図していたものから外れていたとしても、彼を自分たちの指導者として選んだのは他でもないその民衆たちであった。

 

得てして歴史というものは(とりわけここ日本においては)過去のものとして軽く扱われてしまうものかもしれないが、これは決して過去の話ではない。今この時においても同じ事態が起きることは全くもってあり得る話だ。現に今日、世界規模で多くの国々に右に傾倒した政権が誕生している。人々の不平や不満をうまく利用し、排他的で国粋的な政策を進める指導者が支持され始めている。この現代社会に第二の「ヒトラー」が誕生する時、私たちは果たしてその存在に気づくことができるのか?そして彼を止めることが可能だろうか?あるいはもうすでに「ヒトラー」は帰ってきているのかもしれない。そんな気持ちにさせる何かがこの映画にはある。

 

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]